第5弾

Case1

超巨大池に鳥を丸呑みする怪物が異常発生!?

場所

山田池(大阪府枚方市)

水量

20万トン(10万㎡)

担当

小泉孝太郎
加藤英明(静岡大学教育学部講師)
新栄重機
十和養魚場

主な機材

・ポンプ 10台(毎分1.2万リットル吸水)
・地引き網

データ

・平安時代から灌漑用の溜め池として利用
・細かい藻(アオコ)が大量発生し水面を覆いつくし異臭を放つ
・大阪府でも有数の野鳥が多く集う場所
・野鳥の雛を丸呑みするライギョが生息
・排水用の水門あり

捕獲

・ギンブナ、ゲンゴロウブナ 3000匹
・タモロコ
・ウキゴリ
・スジエビ
・コイ
・ブルーギル
・ライギョ 4匹
・ミシシッピアカミミガメ 10匹
・クサガメ 2匹
・ニホンイシガメ 1匹

桃色:外来種青色:在来種(以下、同様に表記)

Case2

巨大外来魚がまさかの大繁殖!?壮絶3日間の死闘!

場所

山新池(大阪府寝屋川市)

水量

担当

的場浩司
加藤英明(静岡大学教育学部講師)
新栄重機

主な機材

ポンプ

データ

・アリゲーターガーが目撃されている
・スイレンの葉が池一面を覆う
・ヘドロの深さは60cm
・池備え付けのポンプあり(1時間で240トン吸水)

捕獲

・コイ
・クサガメ
・キバラガメ
・ウシガエル
・アメリカザリガニ
・アリゲーターガー 2匹

補足

今回刈り取ったスイレンの重さは100トン

Case3

トウキョウサンショウウオを極悪外来魚から守れ!
 
 

場所

光の丘水辺公園 四季の池(神奈川県横須賀市)

水量

700トン(1700㎡)

担当

田中直樹
久保田潤一(NPO Birth)
丸三興業

主な機材

ポンプ

データ

・かつては湿地が多く自然豊かな谷戸
・1994年横須賀リサーチパークの開発工事で生物が姿を消した
・三浦半島の生物を取り戻すために人工的に自然を再生
・トウキョウサンショウウオが生息
・アメリカザリガニとウシガエルが繁殖

捕獲

・コイ 51匹
・ブラックバス 266匹
・アメリカザリガニ 40匹
・ウーパールーパー 1匹
・オタマジャクシ(ウシガエル) 1匹
・クサガメ 5匹
・モツゴ 558匹
ギンブナ 479匹
・クロヨシノボリ 1匹
・シマヨシノボリ 2匹

・手長エビ 24匹
・ヤゴ 1匹
・ドジョウ 1匹
・ヒメタニシ 67匹
・イネネクイハムシ
 1匹

補足

アメリカザリガニはウシガエルのエサ用に鎌倉の養殖場に20匹放流後、30年余りで日本全国に分布してしまった

Case4

今度こそ凶悪カミツキガメを撃退せよ!

場所

印旛沼近くのため池(千葉県佐倉市)

水量

3000トン

担当

あばれる君
加藤英明(静岡大学教育学部講師)
丸三興業

主な機材

巨大ポンプ

データ

・印旛沼にはカミツキガメが日本一生息している場所といわれている
・鹿島側からカミツキガメが流れついてくると考えられている
・洪水を防ぐため川の溢れた水を貯められるようになっている場所
・巨大ポンプ(1分で50トン吸水できる)が備え付けられている

捕獲

・コイ
・ブラックバス
・ブルーギル
etc 

合計72匹

スポンサーリンク

フォローする